ブラックリストの期間とクレジット

ブラックリストの期間とクレジットについてです。ブラックリストに名前が掲載されている期間は、返済トラブルの具体的な内容によります。ブラックリストに名前がある期間が長期に及ぶほど、クレジットカードの発行を待たなければなりません。

ふだん通りにクレジットカードを利用しているだけならば、支障はないようです。海外旅行先でお金を引き出したり、クレジットカードを使ってホテルの予約をしたり、ネットショッピングをすることはできます。

クレジットカードの利用頻度は、随分と多くなってきています。ブラックリストによって、クレジットカードが利用できない事になると、いろんなところで不便に感じることもたくさんあると思います。

日本国内にある信用情報機関は何社がありますので、いつまでブラックリストに名前が残っているかはまちまちのようです。信用情報機関であるCICは、ローンやキャッシングの信用情報を扱っており、多くの金融会社が加盟しています。

自己破産では7年、任意整理で5年、返済遅延で5年、記録を残すのが、CICの信用情報の特徴です。記録が残るスタートタイミングは、遅延情報や返済不能が解消されてからです。

身分証明書の提出が必要ですが、信用機関に問い合わせて、自分の信用情報を調べることが可能です。ブラックリストから名前が消えていれば、またクレジットカードの発行が可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ