ヒアルロン酸が配合されたメーキャップ水の効能

ヒアルロン酸が1グラムあれば、6リットルの水を維持できると言われているほど、ヒアルロン酸は保水能力の大きい素材だ。ふっくらと潤いを蓄えた皮膚を創るためには、ヒアルロン酸は効果的な素材だと言われています。ヒアルロン酸は、元来全身でつくられているものですが、年をとるごとに少なくなっていきます。ヒアルロン酸が少なくなるため、お肌の張りがなくなったり、たるみがふえたり、ちりめんジワが多くなることがあります。歳によって減少したヒアルロン酸を繰り返すために、ヒアルロン酸を含む乳液やメイク水でスキンケアをするという手段が存在します。ただし、表皮の上っ面にヒアルロン酸をつけても、表皮の中にまで有効素材が入っていくとは言い切れません。元々表皮は、外部からの潜入を受付けないために角質年代で覆われているものですから、ヒアルロン酸も入りにくいのです。メイク水としても効果が無い様に思われますが、メイク水に配合されているヒアルロン酸は角質年代の潤いを溜め込む働きをします。角質年代の潤いが逃げていかないようにしてくれますので、皮膚がしっとりとした感触を得ることができるようになり、乾燥してある皮膚を守っていただける。分子容量を小さくした低分子のヒアルロン酸や、ナノヒアルロン酸など、新規素材も登場してあり、注目を集めているといいます。角質年代の壁紙を通り抜けて、表皮の裏にまでたどり着くような低分子ヒアルロン酸によるメイク水が、保湿威力をもたらします。一口にヒアルロン酸といっても、最近は色々なヒアルロン酸ができてしますので、メイク水選考では、ヒアルロン酸の種類も重視して下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ