ドル円の変動要因

かつては1ドル360円の固定相場だったのが、米ドルと日本円の為替相場です。変動相場制というものになって、固定相場は今はなくなっています。為替相場の変動は、基本的にその通貨の需要と供給を反映しています。

常に円売り、円買い、ドル売り、ドル買いはたくさんの企業が行っていますが、ドルは高くなり、円安が進むのは、トータルで円を売ってドルを買いたい人がたくさんいる場合です。円高になると輸入が得になり、円安になると輸出が得になるといいます。

どちらの状態が良いかといえば、極端な円高も円安も国家経済の立場から言うと良いとはいえないでしょう。政府の介入という形で為替相場をある程度操作をすることが、ドル円が円高や円安に傾いたときにはあるといいます。

日本銀行の円買い介入や、通貨政策などが、政府の介入としてよく行われます。ドル円の為替変動は、政府介入のような政策的要因のほか、経済的要因や需給関係で変化します。

というわけで今後のドル円の動きを予測するために重要視されるのが、各国の貿易収支、経済成長率、雇用統計、物価などの情報です。他には、テロや戦争などがドル円相場に及ぼす影響があります。

政情不安やテロがアメリカであれば弱まったのが、ドル円のドルです。外国為替市場ではどこかの国で戦争が起こればドル高に動いていくのは、アメリカドルの需要が上がるからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ