チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートです。このチャートには単位となる時間が決められています。単位期間中の初めについた値段を始値、最後についた値段を終値と呼びます。

また、一単位となる時間内で最も高くなった数値を高値、最も低くなった数値を安値と呼び、ローソク足はこの4つの数値をもとに構成されます。ローソク足の外国為替チャートは、陽線と陰線のどちらかで構成されています。

ローソク足による外国為替チャートで陽線と言った場合、白か赤で表現されるのが普通で、その時間の値動きが上昇方向に向かっていることを示しています。ローソク足による外国為替チャートで陰線と言った場合、黒か青で表現されるのが普通で、その時間の値動きが下落方向に向かっていることを示しています。

ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。上についているものを上ヒゲ、下についているものを下ヒゲといいます。こうしたヒゲが長いか短いか、どの時点で出現したのか、といったことによって、相場の流れを見極めることができます。

長く伸びる上ヒゲが出現した場合、相場が力を失って反落を始めるシグナルとなり、長く伸びる下髭が出現した場合、相場が持ち直して反騰し始めるシグナルとなるとされます。

ローソク足がヒゲだけになり十字のようになったものをコマ足と呼び、方向性が見えない相場になっていることが分かります。このように、外国為替ではチャートを利用して相場の状態を見極めます。チャートが大事だと言うことがおわかりいただけるかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ